より理想の顔になる為に

掘り深い目鼻立ちのはっきりしたハーフ顔に一度は憧れるという人が、モデルをはじめ特に女性に多く見られますが、ただ学んだメイク方法で彫りの深さをつくってもどこか理想と違ったり、出来栄えに違和感を感じたりすることがあります。単にハーフ顔と言っても、よく見ると彫りの深さや眉の形、メイク方法などが人によって様々です。ハーフ顔に限らずですが、まずメイクをする前に自分が憧れている、理想とする人のパーツや顔の形、メイク方法をよく見て知ることが大切です。これを知ることによって、より自分の理想とする顔に近づくメイクをすることができます。理想とする対象がまだない場合は、自分がなりたい顔に近い顔を持つ人を探し、一枚だけでなく、数枚の同じ人物の写真や画像を見比べて見てください。そうすると、どんなメイクの時にも常に変わらない共通の部分や特徴が掴めます。そこを上手くメイクで真似ることによって、より自分の理想とする顔をつくりあげることができます。一人だけでなく何人かの特徴を学び、気分や日によって変えてみる事でそれぞれの顔の違いに気づきメイク方法の技も増え、メイク自体も上達していきます。教わったメイク方法をそのまま使用するのではなく、そこに理想とするものを足し不必要なものを引きながらメイクすることによって、より自分の憧れの顔に近づくことができ、またカラコンを選ぶ際に選びやすくなります。理想とするハーフ顔に近づくためには瞳の色だけを重視して選ぶのではなく、メイクとカラコンの両方でつくりあげていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *