メイク技でカラコンを活かそう

彫りの深さと瞳の色を変えただけでも充分ハーフ顔に近づきますが、その他にいつものメイクを少し工夫するだけで更にぐっと近づきます。例えば唇が薄い人や、もう少しボリュームが欲しいと思ってる人はオーバーリップをするとボリュームを出すことができます。オーバーリップをしようとしたときに上唇をやりがちですが、できれば上唇ではなく下唇をオーバーすると目立たずより自然な口元をつくることができます。基本的にハーフ顔は薄メイクですが、目元にもう少し彫り深さが欲しい、目と眉の間の幅が離れていて物足りないという時は、チークに使ったカラーと同色のアイシャドウ又はチークを眉山の下に薄く塗り入れていきます。すると影ができ更に彫り深く見えるようになるのであまりメイク自体は濃くせずに少しずつ影を入れていくと自然な彫り深さになり、気になる部分を隠すことができます。カラーメイクよりも、ベージュやブラウンなどの落ち着いたシンプルな色を使ったメイクの方がつくりやすいです。チークも赤やピンクではなく、オレンジやブラウンなどを用いるとメイクしやすくなります。眉も髪色と同じ色や近い色に揃えるとより自然な顔立ちになり理想に近づきます。基本は何色も顔の中に色を使わない事が大切です。メイクをしていく中でついつい足しすぎてしまい、最終的に濃くなってしまったりするので一度終えた箇所は足したい気持ちもわかりますが、そこをグッと堪えていじらないようにしましょう。すると、ナチュラルだけどしっかりした綺麗なハーフ顔をつくることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *